ちゃむの毎日@千葉愛の教会

千葉愛の教会に通っている、ちゃむです。毎日の生活で感じたことや学んだことを発信していきます*猫ネタ多めかも。

後悔が「なりたい自分」を教えてくれる

こんばんは、ちゃむです。

 

今日は後悔したことがありました。

f:id:macmac-mo9:20210102220911p:plain

後悔とは

自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。 

 ふむふむ。漢字そのままですね(goo辞書より)。

一体何を悔やんだのかというと、人の気持ちを推し量りすぎて自分の言いたいことが言えなかったこと、でした。

これ、前より良くなりましたが、なかなか直すのに苦労しております。

直ってないやーん!!と自分にまた悔しくなり、帰り道は自転車をこぎながら考え込んでしまいました。

しかし今はその悔しいエネルギーで、むしろ前向きになってきています。笑

 

いつも思うのが、マイナスに思えることがあっても、それが、逆に自分の認識や行動が変化するきっかけになるということです。

例えば誰かに厳しい言葉を言われた、叱られたとき(自分のことを思って)。その瞬間は辛くていろんな感情が湧き上がってきます。

悔しい、悲しい、ダメかも・・・・。

しかし、後からじっくり考えてみると、言われたことが受け入れられ、自分自身の変えるべきところが見えてきます。

悔しい感情が、変化のエネルギーになってじわじわと湧き上がってくるのを感じます。

それで行動したときに、大きな変化が起きることが今までありました。

 

↑不思議ですが、これを感じているのは私だけではないのではないでしょうか?

 

こんなブログを書いている方を見つけました。

後悔する気持ちは「なりたい自分」になれない時に起こります。

ほうほう。

後悔している内容を吟味することで、自分の本当の望みや理想を確認することができるのです。

たしかに!

後悔すると「次は失敗しないようにしよう」と強く感じます。

そのため、次にチャレンジする時に向けて、同じ失敗や間違いをしないように自分のスキルを伸ばしたり、必要な支援を求めたりすることができます。

後悔する気持ちをバネにすることで、今後の人生で成功する可能性を高める工夫ができるのです。

だそうです。

やはり、どんなことも考え方次第、捉え方次第ですね。

 

今回の件を受けて、私は「やらないことリスト」に、「人の気持ちを押しはからない」を追加しました。笑

もちろん、推し量ることが良い結果につながる場面もあると思いますが、いまはやらないことリストに追加、します。笑

 

後悔しないで、いつもすっきりした生き方をしたいと思ったちゃむでした!

それでは、おやすみなさい*

cotree.jp